真澄鏡

Accountant5年生。
本とドラマとつれづれなる日常の記録・・・かな。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
セミナー。
突然、セミナーに行かされた。
金融商品取引法関連のセミナーだったのでかなり興味はあったのだけど、
講師は弁護士。・・・って、これ、リーガルのセミナーじゃん!
どうやらリーガルが忙しくて行かれなくなったために、
アカウンティングのワタシに代わりに行ってこい、ということだったらしい。。。
「リーガルのセミナーだからわからない部分もありますよ」と前置きして出かけました。
結論。面白かったです(やっぱりわからないところもあったけどさ)。
現在の不動産投資での主流スキームについての説明もひととおり受けられたし、
それぞれの問題点もまとめられていたので、かなりアタマの整理ができました。
他社へ行ったら新しいスキームを覚えられるかな、などとblogにも書いたけれど
現在使っている数種類のスキームで、とりあえずは他社でも大丈夫そうです。
・・・って、ますます現時点で職場を変える必要がなくなってきたけどね(苦笑)。

しかしSPC。やはり年々使い勝手が悪くなっていく気がします。
あれダメ、これダメ。お役所も大変ですな。
あんなに規制ばっかりかけて、本当に日本経済は成長するのかしらね?



ロマンスを立て続けに2冊読もうかとも思ったのだけど
やはり宣言どおり(?)Dean Koontzを読むことにしました。
引越しの時にPBもだいぶ整理したので、現在の部屋には未読本が数冊しかありません。
来週は日本橋丸善で洋書バーゲンがあるし、
来月は年1回の東京国際ブックフェア(洋書も割引価格で買えます)もあるので
それをチェックしてから新しい本は買おうかな、と。

・・・というわけで、まずは『The Taking』から。
数年前にどこかの洋書バーゲンで購入したと思うのだけど、ずっと積読本でした。
紹介記事を読むとかなりハラハラドキドキするらしいので、楽しみ。
とはいえ、まだ8ページ。さてどうなることでしょう。
The Taking
The Taking
Dean R. Koontz
| 仕事 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP