真澄鏡

Accountant5年生。
本とドラマとつれづれなる日常の記録・・・かな。
<< 相性。 | TOP | 力宏新譜。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ついに火の粉がワタシにも。
92〜96年入社社員の年金、学生時代の分で統合漏れも
4年制大学を卒業して1992〜96年に就職した会社員の大部分で、大学時代の国民年金の加入記録が基礎年金番号に統合されていないことが明らかになった。学生時代に払った国民年金の記録が、就職後に加入した会社の厚生年金の記録につながらず、約5,000万件のさまよう年金記録の一部になっている。該当者は社会保険事務所に出向いて手続きをしないと、将来の年金受取額が減ることになる。
91年4月から20歳以上の学生にも国民年金への加入が義務付けられた。収入のない学生に代わって親などが払う例が多かった。この学生が卒業後に会社員になって厚生年金に入ると国民年金とは別の年金番号が付き、二つの年金記録が分断されたままになった。
−NIKKEI NET−

今朝、電車のなかで読んでいた新聞で知りましたが
「ふざけんなよっ」と思ったことは言うまでもありません。
オイルショックの年に生まれたワタシが(ついに年齢カミングアウト(笑))
大学を出て就職したのは、ばっちりこの時期にかぶってるんですよね。
つーことは、ワタシの学生時代の年金(親が払ってくれてました)は
宙に浮いてる可能性が高いってことか?

もともと「国なんて信用できない」と思っていたけど、ここまで杜撰だとは。
払うまでは「払え払え」とあれだけうるさかったのに、この有様ですか。
(ワタシは年金を滞納したまま転居しようとして、
 窓口で「年金を払わない限り、この街から出さない」と言われたことがある。)

参院選が楽しみです。
| 日々のこと | 22:17 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする